2010年04月08日

業者が継続的に遺棄か 山中の犬約100匹死骸遺棄 飯能(産経新聞)

 だれが、こんなことを−。埼玉県飯能市の正丸峠近くの山中で、犬約100匹の死骸(しがい)が遺棄されていることがわかった。現場は民家などはない山林。遺棄された犬はいずれも愛玩犬である可能性が高く、大量の犬を扱う業界関係者が継続的に現場に捨てていた可能性が高い。どんな都合があるにせよ、動物たちの死骸を山林内に捨てるという行為は許されるものではない。県警と飯能署では引き続き捜査を続けている。

 現場は、飯能市から秩父市に向かう国道299号の旧道沿いの山林。近くには民家などもなく、ほとんどの車両は正丸トンネルを通るため、旧道では車の姿を見ることも少ない。

 非常に狭い道路のわきはがけのようになっており、犬の死骸はその下の山林内で多数発見されている。

 現場付近で事実を確認した東京都内のペットサロン関係者によると、現場にはポリ袋に入った犬の死骸が散乱。一部の袋は木に引っかかったり、カラスにつつかれるなどして破れていた。腐敗が進んでいる死骸もあり、現場には異臭が立ちこめていたという。

 袋の中には折り鶴などが入れられていたことから、同店関係者は「亡くなった犬の処分を依頼された業者が廃棄したのではないか」と話している。

 同店では2〜3月に飯能署と飯能市に相談。3月下旬には死骸が回収されたが、31日になって、再び新たな死骸が捨てられていた。

 また、同店によると、捨てられた犬には、体内に埋め込まれているはずの血統など出生の記録をしたマイクロチップがなく、同店では「抜きとられた可能性もある」としている。

 県警や市が収容した犬は、近日中に東京都内の動物霊園で火葬される予定。県警では、死んだ犬を不法に投棄したものとみて、廃棄物処理法違反などの疑いで捜査しているとみられる。

 また、同店では、ホームページ上で一連の事実を指摘、こうした行為の悲惨さを訴えている。

【関連記事】
カピバラとリスザルも被害に ペンギン窃盗の男を追送検
異変?カタクチイワシ数十万匹 九十九里浜に打ち上げられる
珍種・深海クジラの死骸漂着 奄美大島の海岸
ハト125羽大量死 愛好家はなぜ猟奇的な犯行に走ったのか
中国、イヌ・ネコ肉の食用禁止へ 賛否両論も

日本医師会長選 原中勝征氏が初当選 自民離れ加速も(毎日新聞)
G8外相会合「核なき世界」声明へ 平和利用呼びかけ(産経新聞)
2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)
薬物犯罪の最高刑、アジア16か国で「死刑」(読売新聞)
全盲女性、点字訴状で提訴=全国初か「みんなの励みに」−名古屋地裁(時事通信)
posted by ニシカワ トオリ at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。