2010年03月02日

セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す−成蹊大(時事通信)

 成蹊大を運営する学校法人成蹊学園(東京都武蔵野市)は24日、理工学部の50代男性教授が3年にわたって学生らにセクハラ行為などを繰り返したとして、23日付で懲戒免職にしたと発表した。教授は事実関係をおおむね認めたという。
 学内調査によると、教授は日常的に、女子学生らに対して服の上から胸を触るなどのセクハラをしたり、学生や同僚を長時間しっ責したりしていた。少なくとも2007年以降、10人以上が被害を受けた。
 同法人は昨年12月、学生らから相談を受けて問題を把握し、調査を実施した。
 栗田恵輔成蹊大学長の話 絶対あってはならない行為だ。関係者に深くおわび申し上げ、再発防止に全力で取り組む。 

【関連ニュース】
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職
第四銀行員が900万円着服=借金返済に、懲戒免職
警部自殺は「パワハラ原因」=遺族、元上司ら提訴
横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職

<大麻事件>摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(毎日新聞)
社民、九州案を提示へ=普天間移設(時事通信)
元銀行マン、中医協に新たな風を(医療介護CBニュース)
<普天間移設>改めて県内移設の可能性示す 平野官房長官(毎日新聞)
<労働者派遣>改正法案妥当の答申出す 労働政策審(毎日新聞)
posted by ニシカワ トオリ at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。